都内名門大学に通う高学歴女子大生 初めての公開顔面騎乗 – アダルトビデオ動画 – 無料

 


続きをみる











お高くとまったJDのアソコが顔面に…!M男、至上の喜びに感涙!勃起!


素人女の子の生下着を見るだけで楽しいサイト?
★汚れたクロッチ大好き★
★★★★★
Tokyo-Hot

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


プレステージさん初の恥じらい顔面騎乗クンニ作品
※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
DMMでの配信が待ちきれず、プレステージのサイトから先行販売で購入しました。

今回の設定は、どうしてもディープスの同内容作品との比較をしてしまいます。厳しいコメントになりますが、ご了承ください。

女の子との交渉は良かったですし、照れ笑い、戸惑いのリアクションが素晴らしい子たちもいました。

しかし、指示を出している監督があまりにも話しすぎです。女の子と男優の雰囲気が壊されていました。ディープスの監督は的確なタイミング、適切な長さの声かけでした。

次に下着の必要性の有無です。もちろん、まず下着で興奮を高め、次は直舐めでさらに…は良い手法ですが、最初から直接舐めの方が良いと思います。

またがる瞬間…ここに最初の「ヤマ」があります。下着なしでまたがったら、下から丸見え…。恥じらいは一気に高まります。

ところが今回は一度下着でまたがっているからか、ある種「慣れ」が見え、せっかくのシーンが非常に微妙になりました。

ディープスは、最初から下着を脱がし、最初の「ヤマ」の作りが非常にうまく感じられました。下着のまままたがる作品は多々ありますが、やはり最初から直舐めにして欲しいと思いました。

次に舐められてからの反応、「舐めるのうまい」とか、初めて顔騎に臨む素人にそんな余裕ありますか?彼女たちが下にいる男優を利用している感じがしました。

対して、ディープスは、素人の不器用さをよく伝えていました。主導権はあくまで下にいる男優。女の子が責められ、恥じらい、戸惑っている様子がとても自然に表現していました。

この違いの根底は、やはり下にいる男優の設定と監督の対応だと思います。
下にいる男優がM男…結局、この設定があるため、恥じらい顔騎としても、オラオラ系顔騎としても微妙。非常に中途半端な作品に。

ディープスの作品に登場していた男優は、あくまで普通の設定。普通の男が女の子を責めていく…これが本当に良かったんだと思います。

ディープス贔屓のコメントに感じるかもしれませんが、決してそういうわけではありません。プレステージが今回の作品作りに踏み切ってくださったことは、大変感謝しています。「女の子は受け、主導権はあくまで下の男優」という作品に仕上げて欲しかったです。
そんな恥じらい顔面騎乗クンニ作品にトライして欲しいという強い期待を込め、厳しいコメントをさせていただきました。
女優名教えて下さいm(__)m
最後に出てくる9人目の女優名が知りたいです。よろしくおねがいします